CGM New Harmony Church

動物たちの愉快な日常
動物たちのつぶやき

水中

安息日の朝に悪夢を見た。水中にいたが、巨大な亀のような生き物が泳いでいた。それと戦っていたのであるが、どこかそれまでとは異なる戦い方をした。それによりその四角い大きなプールの片隅に追い詰められた。小さなクモが飛び跳ねながら近づいてくる。しかし逃げることができずにそのクモが私の体に飛び乗ってくる。身の毛がよだつ思いをしながらもまた逃げる。

苦しさに上を見るとその水槽は閉じられており、息をするために浮かび上がることもできない。混乱する。それまでなら効率良く戦って既に勝って終わっていただろう。自分の動きを変えたことでこのようになったのだ。クモのような生き物がまた迫ってくる。先ほどより大きい気がする。戦わなければならない。そのザリガニのような腕をつかんだところで夢は終わった。

礼拝を捧げる準備をして歯を磨きながらもどこかの国の暴力に考えが向いてしまっていた。夢が何の啓示であるかは分からなかった。

礼拝が始まり、集中して説教を聞いていたが、どのような話がきっかけだったか、急に明け方に見た夢の啓示を悟るようになった。聖書においてイエスを証する立場として生まれながらもその役目を果たすことをせず、イエスとは行動を共にすることなく活動を続けるうちにいつしかヘロデの婚姻に口を出したことで投獄され、遂には処刑された洗礼者ヨハネの話が思い浮かんだのである。近頃の知らせは悪人がやりたい放題行う残虐この上ない世界の様相を映しているが、その事に私が関心を払いすぎることは神の願うことではないということであろう。いつしかそれによって私的な感情から私が生きておられるキリストと共に福音を諸国に伝える使命の道から逸れていくならば、その末路は洗礼者ヨハネと同じものとなるという神の警告がその夢の真意であったのだ。

水に浸かっている、あるいは溺れている夢は自分の考えに溺れている自身の姿を映しているものだとも主は言われる。上の閉じられた呼吸のできない水槽が夢の解釈をより確かなものとしている。

「ヨハネはおるべき位置を離れた」。真理は明解である。しかし聖書に出てくる人々と同じ境遇に置かれてみると容易に同じ過ちを繰り返す可能性があることに気付かされる。洗礼者ヨハネもまたローマの属国として統治を受けるイスラエルに生きながらどこか神の律法に基づいて生きる者として許しがたい悪を目にしていたのだろう。

神の御旨があり、それを成して差し上げようとの神に向かう愛がある。それゆえ主と共に集め、散らす。主のために福音を伝え、神のために福音を伝えるのである。

ABOUT ME
マシュー
自分の持っているものを使いたい。神様のために生きたい。それが小さな自分にもできる大きなこと。「この人生を後悔のないように生きるにはどうしたらよいのだろう」と、かすかにくすぶる火種のような、ささやくそよ風のような一人の地球の民。