CGM New Harmony Church

動物たちの愉快な日常
動物たちのつぶやき

洗濯岩

波に漂う
無数の岩の畝
楕円形に広がる岩盤に
砂を敷きつめた島が盛られ
その上には
南国の木々が繁っていた

畝には網目模様が浮き出ており
平たい岩盤に
波が打ち付けられてしぶきを上げる

向かい岸に置かれた
花の庭園
その島のたたずまいを前に
人の手による造景の
神に及ばぬことを見る

その島を浮かべられた神を畏れ
人が据えた社があったが
そこに向かう道の生垣には
無数の神への願いが吊るされていた

恋人を求め
痩せることを求め
病の癒えることを求め
人の訴えはとどまることを知らないが
神に感謝を告げる札
ただの一つもないのだな

人を創り
人を愛される方が手掛けられたその場所を
「鬼の洗濯岩」と
人は呼ばわる

洗っても洗っても
落ちることのない人の罪
いつしか人の踏むままに手放した板
ふと主人が目をやると
白い一対の石
主人の喜びの日を前に
いつも心地よい音が出るようにと
角を削っておいたそれらの石が
玉のような音色と共に
板を転がり
また去っていった

ABOUT ME
マシュー
自分の持っているものを使いたい。神様のために生きたい。それが小さな自分にもできる大きなこと。「この人生を後悔のないように生きるにはどうしたらよいのだろう」と、かすかにくすぶる火種のような、ささやくそよ風のような一人の地球の民。